鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

深夜アニメの興奮を歩きながら思い出し、それを消化していく(2008年4月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 過去の自分の魂を慰霊する要領で、深夜アニメの興奮を消化出来ないか思い付く(2008年4月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が深夜アニメにハマりまくっており、その感動と興奮で睡眠をかなり取り辛くなっていた、という話でした。そして、2008年4月のある日、32歳の自分はいつものように1つ目の大学構内を歩いていました。それは大学空手部時代の自分の魂を慰める為です。大学構内を歩くと当時の自分が孤独と恐怖でのたうち回っている残像がそのかしこに見えました。自分はそんな自分の残像に声をかけ、慰めて回りました。



自分は1時間ほどで慰霊を終え、大学を出まして、大学周辺を歩いていました。その時にこう思い付いたのです。



「あれ?こうやって歩いている時にアニメの感想や興奮を思い出す事で、それを消化する事は出来ないだろうか??」



このアイデアは、直前まで自分が行っていた「慰霊」に触発されたものだと思います。自分は大学構内を歩き回り、当時の自分の残像を思い出す事で癒される感覚を得ていました。そう、それによって大学時代の自分が抱えていた莫大な恐怖や孤独がほんの少し消化されるような気がしていたのです。それならば、深夜アニメで得た感動や興奮も歩きながら思い出せば、消化する事が出来るかもしれない、自分はそう感じたのでした。




自分は試しに歩きながら、最近で最も印象的だった深夜アニメ「School Days」について思い出してみました。すると、この作品で得た感動と興奮がありありと蘇ってきたのです。自分は驚きました。この作品に関しては自分はかなり長い感想文をSNSに何度もアップしており、それで気持ちを消化し切れたような気持ちになっていました。しかし、こうやって歩きながら作品を思い出してみると、まだまだ消化し切れていない感動や興奮が蘇ってきたのです。



自分は歩きながら、「School Days」の感動や興奮を思い出し続けました。(この作品の詳細は去年7月頃の記事をご覧下さい。)それはとても愉快な気持ちでした。自分は頭の中で第一話から最終話までの流れを詳細に思い出し、そして、その感動と興奮に浸り続けました。自分の顔は歩きながらニヤけていたと思います。傍から見たら気持ち悪いやつだった事でしょう。



そんな散歩を1〜2時間続けていますと、「School Days」に関する感動や興奮は徐々に収まってきました。歩き初めの頃は感動や興奮が身体の外に溢れ、顔がニヤついていましたが、1時間後には「School Days」の事を細かく思い出しても、顔がニヤつかなくなっていました。自分はこう思いました。


「あれ?!深夜アニメの感動や興奮を歩きながら思い出す事で、消化出来るかもしれない!!」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村