鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩きの実行をためらう3つの理由(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 歩きながらトラウマを思い出せば、それを消化出来るかもしれない、という思い付き(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が深夜アニメの感動の消化に成功した、という話でした。当時の自分は深夜アニメにハマっていたのですが、そこで得られる感動や興奮の消化方法が死活問題になっていました。何故なら当時の自分はただでさえ病的(×18倍)に睡眠が不安定になっており、日々の睡眠が命懸けになっていたからです。アニメで得られる感動や興奮は、さらに睡眠を不安定にさせる要素であり、これをなんとか消化する必要に迫られていました。




☆ここから先の話は3種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が出て来ます。


①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)

③記憶のサルベージ(部屋に引きこもり過去のトラウマをひたすらノートに書く行為)をしていた頃の自分(2004年〜2005年・28歳〜29歳)


なるべくこの3種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。




そこで自分は「歩きながら深夜アニメの感動を思い出せば、それを消化できるのでは??」と思いました。そして、それを試してみた所、上手く行きそうな手応えがありました。



ここからは前回の記事を引用したいと思います。自分が深夜アニメの感動の消化に手応えを感じたという話になります。



『前回記事からの引用』



32歳の自分はこの行為に手応えを感じました。歩く事で深夜アニメの感動を消化出来るのならば、それによって睡眠を妨害される事も少なくなっていくことでしょう。それからというもの、自分は2日に1回ペースで外を歩き始めました。歩く時間は2時間くらいで、歩く場所は家の近所です。時期は2008年3月頃。



自分はまずは最近見た深夜アニメの消化に取り組みました。そして、それが終わると過去に見た深夜アニメの消化も徐々に進めていきました。自分はそれまでに1年以上深夜アニメを見続けていましたから、感動のストックがかなりありました。自分はそれらのストックを思い出しながら、家の近所を歩き続けました。



そんな日々が2〜3ヶ月続いた頃、とうとう過去の深夜アニメの感想のストックが切れてきました。もはや過去の深夜アニメの事を色々思い出しても、口元はニヤつかなくなっていました。目論見通り、深夜アニメの感動を消化する事に成功したようでした。自分はこれに手応えを感じました。歩きながら何かを思い出す事で、その感情を消化出来そうです。



そこで自分はこんな新たなアイデアを思い付いたのです。


「自分が抱えている膨大なトラウマ、これも歩きながら思い出せば、消化出来るのではないか???」



『引用終わり』



このように自分は新たなアイデアを思い付きました。歩きながら深夜アニメの感想を消化出来るのなら、歩きながら過去のトラウマも消化出来るかもしれません。しかし、自分はそう簡単にこのアイデアを試そうとは思いませんでした。その理由は以下の3つになります。以前の記事でまとめたものになります。


❶「歩きながら深夜アニメの感動を消化する」方法は上手くいったが、これが「トラウマ」にも通用する保証は何も無い。


❷トラウマを思い出すとなれば、それは4年前の記憶のサルベージの再来。また先の見えない漆黒の日々が始まるのか、という気持ち。


❸心身が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っている。こんな状態で再びトラウマに立ち向かえのか、という気持ち。 (「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細はこちら)



これらの理由は自分の中でかなり大きい理由でした。ですから、自分は「トラウマ歩き」のアイデアを思い付いたものの、安易にこれを実行しようとは思いませんでした。



そう、4年前に行っていた「記憶のサルベージ(言語化)」においても、自分はトラウマを詳細にノートに書いていきました。しかし、その1年間は拷問のような1年間でした。「トラウマの言語化」とは「トラウマの再体験」を意味しており、自分のそれまでの人生はトラウマまみれです。自分は1年間延々とトラウマを再体験し続け、その間何度号泣したか分かりません。そして、何度気が狂いそうになったか分かりません。そんな日々を再び繰り返そうというのですから、躊躇するのは当然でした。



また、「記憶のサルベージ」は1年間で終わりましたが、今回の「トラウマ歩き」が1年間で終わる保証は何もありません。拷問のような日々が永遠に終わらない可能性だってあります。



このように32歳の自分は「トラウマ歩き」のアイデアを思い付いたものの、それを実行するにはかなりの勇気が必要でした。しかし、思い付いた以上、これをそのまま捨ててしまうのはもったいないとも思いました。もしかしたら、このやり方でトラウマを消化出来るかもしれないのですから。そこで自分は思いました。


「本当に気が進まないけど、試しに1度歩きながらトラウマを思い出してみるか。」



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村