鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

〜憎しみのドミノ倒し〜尿管結石発症までの精神的経緯⑥

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「 〜自分と妹の人生の共通点〜尿管結石発症までの精神的経緯⑤」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は自分の妹の人生もまたままならないものであったという話でしたね。妹は大学受験を失敗した後紆余曲折を経てアトピーが悪化し、2000年頃は引きこもり状態となっていました。それでその頃自分も大学を休学していましたから、お互いずっと家にいる状態でして、2人でグダグダ過ごす時間が多かった、と。(自分24歳・妹21歳)( 休学中妹と過ごした話(2000年4月〜2001年3月) )具体的には起きている時間の半分くらいは2人でテレビ見たり、ゲームしたりグダグダ過ごしていたのですが、その中でうちの父親や母親に対する愚痴を話し合う事もありました。うちの両親は不毛な喧嘩を10年以上続けていましたから、それにより我々子供2人は甚大な精神的ダメージを受け続けており、それにより人生を大きく狂わされていましたからね。そして自分はその話の中で、「いつまで経ってもうちの母親が父親の事を追及するのを辞めない」という事に対する不満を妹に喋った事もありました。ホント自分は10年以上続いている両親の不毛な喧嘩に絶望的にうんざりしていましたから、いつまで経っても父親への追及を辞めない母親に対する憎しみもどんどん巨大なものになっていったんですよ。では逆に父親に対する感情はどうだったのかと言いますと、父親に対してはなんの感情も抱いていなかった記憶です。長年の家庭生活の中で、自分はうちの父親には何を期待しても無駄であるという事に気付いていましたし、そもそも自分の中で父親の存在はまるで「透明人間」のようでしたからね。人間としての手応えも全く無く、期待以前に人間としての印象がほとんど無いという感じもありました。印象に残っている事といえば、母親と喧嘩した際、反論を試みるも母親の追及に押されていき、最後になると食卓を超不機嫌そうな顔で後にし、自分(父親)の部屋に入る直前にドアを思い切り「ガーン」とすごい音を出して閉める事で、不満の意を表していたな、ぐらいなものです。これは毎度毎度お決まりのパターンになっていました。そう、ですから自分は父親には最初から何も期待していなかったのです。しかし、母親に対しては以下の2つを期待しておりました。

①母親が父親の事を責めるのを辞める
②母親と父親が離婚する。

そして、この2つのうちのどちらもいつまで経っても達成されなかったが故に期待が憎しみに変わっていった、という経緯になります。




さて、そんな感じで自分の中にある母親に対する憎しみはどんどん大きくなっていきました。ですから大学休学中の1年の間にその不満を妹に喋る事もあったんですね。それに対する妹のリアクションは「そうだよね〜」といった感じで、自分の不満をよく理解してくれている印象でした。妹もまた母親に対して不満を持っているようでしたから、お互いに母親に対する不満を言い合いそれなりに解消できている時代もあったのです。しかし、大学休学の1年が終わり、大学に復学した頃から自分と妹の中にある母親に対する不満が徐々にズレていく事になります。そう、大学復学以降も自分の中での母親に対する憎しみは増えていく一方だったのですが、妹の中にある母親に対する憎しみは自分程は増えていかなかったようなのです。その事は妹に母親への恨み辛みを喋っている時の妹のリアクションを見て感じました。「あれ?こいつ(妹)は俺に比べたらそこまで母親に対してムカついてねぇな」、と。なんというか自分の中にある母親に対する不満の総量と妹の中にある母親に対する不満の総量、この2つに差が生まれてきてしまった感じです。そしてね〜、その差はどんどん大きくなっていきまして、段々と自分はそんな妹にもムカつき始めたのですよ。「あいつは俺に比べるとたいして母親に対してムカついていないようだけど、そんな妹にもムカつく!」、と。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others PVアクセスランキング にほんブログ村