鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

古本屋バイトを辞め、現実社会から脱落(2004年9月頃・28歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「空手部時代の記憶をサルベージ(2004年4月頃・28歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は自分が1つ目の大学の空手部時代の記憶をサルベージし始めたという話でしたね。また、記憶のサルベージをするにあたっては、外部資料には頼らず、まずは自分の頭の中の記憶だけで思い出していったという話でした。さて、そんな感じで自分は2004年4月頃から記憶のサルベージを始めました。週2回ペースでバイトに入りつつ、バイトが無い日はこのサルベージに専念していました。食事と睡眠の時間以外の全ての時間をこのサルベージに割いていましたね。自分は幼い頃からテレビゲームが好きでこの年齢(28歳)になるまで、断続的に色々なゲームをして来ていましたが、この頃から一切ゲームはやらなくなった記憶です。ゲームに使う時間がもったいないという感じでした。このサルベージはとにかく膨大な時間がかかる作業でしたから、もはやゲームを悠長にやってる暇は無かったのです。また、あの頃の自分は大学を2つ中退し、バイトの方もしんどくてたまらなく、社会生活から脱落寸前でした。そんな緊急事態でゲームなんか悠長にやってる暇は無い、という意識もあったと思います。




前述の通り、自分は2004年4月から記憶のサルベージを始め、バイトと並行して行っていました。バイトに週2回程入り、他の日はサルベージに専念という感じです。この生活を始めた当初、自分は「3〜4ヵ月程で全ての記憶をサルベージし終えるのでは?」と考えていたのですが、これは大間違いでした。自分の過去の記憶は書いても書いても全く底が見えません。そして、出てくる記憶は全てトラウマ級に辛く苦しく悲しい思い出ばかり。「これはエライ事を始めてしまった」と自分は思いました。しかし、自分にはもはやサルベージしかやる事が残っていないのです。ですからいくら先が見えなくても、いくら苦しくても続けるしかありません。そんな状況が3ヵ月程続き、いよいよ自分はバイトの方を辞めたくなってきました。単純にバイトの時間もサルベージに充てたくなってきたというのもありましたし、バイト中の自分は例の鬱的症状の数々に襲われ続けていましたから、辛くて仕方なかったのです。いつものコピペ貼っておきます。


1つ目の大学中退後、自分の鬱の諸症状は以下の通りでしたが、2つ目の大学生活と尿管結石により、これらは2倍悪化しました。


・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎


こんな状態ですからバイトが終わると、疲労感もエグい事になっていました。また、何回か前の記事に書きましたが、I君を始めとするバイト仲間達とのコミュニケーションも耐えがたいものになっていました。(疎外感と被害妄想と劣等感(2003年11月頃・27歳))すると、1つ目のバイトを辞める直前と同じ様な睡眠障害が起こってきたのです。そう、バイトの日の前の晩にベットに入り、眠ろうとするのですが、頭の中が「あぁ明日のバイトもとても辛い事になるに違いない」という心配と恐怖感と緊張でいっぱいになってしまいまして、寝れなくなっていったのです。




そうそう、当時の具体的な記憶を一つ思い出しました。あれはバイトを辞める1ヵ月くらい前だったと思うのですが、社長が古本屋を1日お休みにしてお店の大掃除をやる事を決めたのです。自分はその話を聞いた時嫌で嫌で仕方ありませんでした。何故なら自分はレジ前でボーッと座っている事すら辛くて堪らなくなっていましたから、大掃除などという労働量の多い仕事に耐えられるはずもなかったからです。また、大掃除にはバイト3人とパートさん2人が来るという話でしたから、集団行動の中に入らねばならない事が嫌でしたし、I君と一緒に仕事をしなければならないのも嫌でした。そう、いつものレジ前にボーッと座っていれば良いだけのルーティンの仕事と違い、大掃除となるとその場その場での臨機応変な対応が求められます。そんな対応は、慢性的な酷い疲労感と眠気で思考能力が鈍くなりまくっている自分にできるはずもありません。また、長年の鬱生活で自分の自尊心は粉々に砕け散っていましたから、このような集団行動の中に入ってしまうと自分は何一つ自信を持って行う事が出来なくなっていました。常に周りの目を恐れ、ビクビクビクビク恐怖に慄きながら掃除する羽目になるであろう事も容易に想像できたのです。すると案の定この大掃除の前の晩はほとんど眠る事が出来ず、いつもよりさらに厳しい健康状態で大掃除に臨む事になりました。結果、大掃除当日は自分が予想していた通りのとても辛い1日となったのです。そこで自分はこう思いました。「この先またこのような大掃除があるかもしれないが、もう2度とこのようなキツい思いはしたく無い。そろそろバイトを辞め時なのかもしれない。」、と。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m









↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村