鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

もはや疲労感や眠気に抗う(あらがう)気力が皆無(2006年8月〜2007年3月・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「精神科・心療内科の通院を検討(2006年8月〜2007年3月・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が精神的に追い込まれまくっていたにも関わらず、精神科や心療内科に行かなかった理由についてでした。そう、自分の心の中は常に「首吊り」や「放火妄想」で占められており、そのような病院に行く事を検討はしたのですが、結局は行かなかったんですね。それは「今の苦しさから逃げたく無い」という痩せ我慢的な気持ちもありましたし、「鬱になった因果関係がはっきりしている以上、そこの感情を薬で飲んで誤魔化しても意味が無い」という思いもあったりしました。




さて、そんな感じで引っ越し後の自分の心の中は「首吊り」と「放火妄想」で常に占められていた記憶です。そして、引っ越しから半年以上経っているにも関わらず、相変わらず自分の生活は1日のうち18時間をベッドの上で過ごす生活が続いていました。また、起きている6時間も相変わらず殺人的な疲労感と殺人的な眠気で意識朦朧とした中で生活していたのです。それは背中に常に100kgの重りを背負っているような感覚でしたし、その重さで自分の身体は常に床にぺちゃんこに潰されている、そんなイメージです。



そう、引っ越しから半年以上経っても自分が引っ越しで受けた致命的なストレスの数々は全く減ってはいなかったのです。以下いつもの一覧になります。




「引っ越し及び東○荘事件で受けた致命的なストレス一覧及びそれにより発生した4つの現象」



①15年間住み続けた凄まじく愛着のある部屋を奪われる。



② 前年の記憶のサルベージ(言語化)によって自分の学生時代が家庭環境によって滅茶苦茶に破壊されていた事が判明。その上親が言い出した引っ越しの為に自分がさらに時間やエネルギーを割かなければならない。



③引っ越しの情報を得る為に「殺しても殺し足りない」程憎い妹とコンタクトを取らざるを得なくなる。結果自分の中に凄まじいストレスの嵐が発生し、それは自我が崩壊する危険性を感じる程だった。自分は自我が崩壊するギリギリになったら、この世界から離脱できるよう首吊りの準備をしてから妹とのコンタクトに臨んだ。



④前年の記憶のサルベージ(言語化)によって自分の精神年齢の成長が小3で止まっているという事が判明。自分がまだ精神的によちよち歩きの状態だというタイミングの問題。



⑤「殺しても殺し足りない」くらい憎い家族と、その後も一つ屋根の下で住み続けなければならない。



⑥東○荘事件により、家庭内での孤立無援感がさらにエグい事になり、眠りに就こうとすると「自分が眠っている間に激昂した父親が再び自分の部屋に突入してきて、自分は殺されのでは??」という凄まじい恐怖心に襲われるようになる。自分の睡眠はただでさえ「妹のドア音」によって劣化しまくっていたのだが、この凄まじい恐怖心によりさらに極限まで劣化する事に。結果慢性的な疲労感と眠気は果てしなく大きくなり、意識朦朧とした状態で日常生活を送る事になる。そんな中での心の支えは「自我が壊れそうになったら首吊り」という思いだけだった。



⑦東○荘事件によって自分の人生に対する激烈な無力感と虚無感と理不尽感と絶望感も発生。東○荘事件以前から自分はこれらを抱えて生きていたが、東○荘事件によりこれは倍増。そして、これらの倍増によってそれまで抱えていた「自殺願望」が「自殺企図」へと変化。また、激烈な無力感は慢性的な疲労感の極限化の一因にもなった。



⑧「自分の身体」と「自分の時間」が「殺人的な疲労感」と「殺人的な眠気」に支配され、全く自分の思い通りに使えない。1日のうち18時間はベッドの上で過ごさねばならない生活。起きている6時間も100kgの重りを背中に乗せられ、身体が床にぺちゃんこに潰されそうな感じ。自分の身体と時間が乗っ取られているかのよう。その無力感と情け無さ。



⑨東○荘事件により、パチンコで稼いでいた時の希望に溢れたモチベーションが完全消失。これによりさらに大きな喪失感と虚無感が発生。また、月30万の現金収入も失い、両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じる。






[上記①〜⑨の致命的なストレスの数々が生んだ4つの現象]



❶寝付く際のストレスが原因の予期不安

引っ越し後の自分がベットに入り、まぶたを閉じると上記①〜⑨の致命的なストレスに一気に襲われてしまう。自分はその甚大な精神的苦痛に1時間耐えなければ寝付く事が出来なかった。故にその後の睡眠を妨害された時の憎しみは凄まじいものがあった。それは先程の甚大な精神的苦痛に耐えた1時間が無駄になってしまったから。だからこそ、ベッドに入り、目をつむると「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、どうしよう」と凄まじい予期不安にも襲われる事にもなった。また、逆に「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、凄まじくムカつくだろうな」という予期憎悪にも襲われていた。



❷「超睡眠依存症」状態が原因の予期不安

引っ越し後の自分にとって睡眠は命より大事なものになっていた。何故なら眠っても眠っても殺人的な疲労感と殺人的な眠気が全く減っていかない為。しかし、それを減らす為の手段は睡眠しかあらず、それ故に睡眠への欲求が底無しで無限で苛烈になっていった。「超睡眠依存症」とでも言って良い状態。その睡眠を妨害された時の怒りは凄まじい。だからこそ、ベッドに入り、目をつむると「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、どうしよう」と凄まじい予期不安にも襲われる事にもなった。また、逆に「この先寝付いた後何らかの音で起こされたら、凄まじくムカつくだろうな」という予期憎悪にも襲われていた。



❸「首吊り企図の日常化」
「首吊り」という選択肢が、「今日何食べようかな」と同じくらいの日常的な選択肢になっている。


❹「放火妄想」
家に灯油をまいて、家族もろとも燃やしてやりたい、という妄想。家が燃え尽きたのを見届けたら、逃げるのも刑務所も面倒なので、裏山で首吊り。




そう、自分の生活は2006年8月以後母親から月6万の生活費を保障されており、生活費の心配は無くなっていました。そして、自分がベッドから出ている時間は1日6時間しかありませんでしたが、その6時間は自分のやりたいようには生活していました。ラジオ聴いたり、ガラケーでネット見たり、ファミコンやったり、昔の漫画読んだり、外出したり。傍から見たら、働きもせず、寝たい時に寝て、やりたい事やってお気楽な生活を送っているように見えたかもしれません。しかし、何度も書いていますが、自分はベッドに入ってから寝付くまで上記①〜⑨の致命的なストレスの嵐に巻き込まれ、その甚大な精神的苦痛に1時間耐えねばなりませんでした。また、同時に「自分は寝付いた後周りの音に起こされてしまうのではないか??」という激烈な予期不安(予期憎悪)も発生しますから、それの甚大な精神的苦痛にも耐えねばなりません。そして仮眠(本眠)を1〜2時間取った後、自分の意識は覚醒するものの、まぶたや身体が鉛のように重くて全く動かす事が出来ません。そこから自分は1時間ベッドの上に磔(はりつけ)状態です。またも上記①〜⑨の致命的なストレスの嵐に耐えねばなりません。このような仮眠を1日2〜3回取らねば自分の身体は持たない状態でした。



この仮眠(睡眠)を取った後の「自分の意識は覚醒するものの、まぶたや身体は鉛のように重くて全く動かす事が出来」ない状態、今回の記事はこの状態について書いてみたいと思います。「全く動かす事が出来」ないと言いましても、実際には指先を動かす事は出来ていたんですよ。そう、自分がベッドの中のに入ると上記①〜⑨のストレスや予期不安(予期憎悪)に襲われ、その甚大な精神的苦痛で眠るどころでは無くなってしまうのですが、その精神的苦痛を少しでも和らげる為にベッドに入る時には必ずイヤホンを耳に入れて、そこから好きなラジオを流していたのです。もちろん自分がベッドに入る場合はキツい耳栓が必須ですから、まず耳栓をしまして、さらにイヤホンを耳栓の上から充てて、耳栓の上から大音量でラジオを流していました。ラジオで聞いていたのは芸人さんのラジオが多く、その笑いの力で少しでも恐怖心や不安を和らげようとしていました。




さて、自分は仮眠を1〜2時間取った後意識が覚醒するのですが、まぶたや身体が超重く、ベッドの上から動く事が出来ません。自分は幾度もこの状態を経験していますから、「あぁまたか」となり、ラジオを流す為に指先でテープレコーダーを探し、そのスイッチを入れるのです。そう、どうせここから1時間の間、自分がベッドに磔(はりつけ)状態になるのは分かっていましたからね。その間の精神的苦痛を少しでも和らげる為のラジオでした。ですから、覚醒後の自分は身体が全く動かない訳ではなく、そのような小さな動作は出来ていたという事になります。




そう、ですから意識が戻った後の自分は完全に身体が動かなかった訳では無いのです。指先でテープレコーダーのスイッチを入れるという動作は出来ていましたし、布団の掛け直しをしたりといった動作もしていました。しかし、まぶたや身体は鉛のように重く、全く動かす事が出来ません。この時の自分の状態なのですが、細かく書くと「自分のまぶたや身体が鉛のように重くなっているのだけれど、その鉛のように重いまぶたや身体を動かす『気力』が無い」という感じです。なんというか鉛のような重さに抗って(あらがって)、まぶたや身体を動かす「気力」が全く無いのです。




何故そのような気力が全く無くなっていたのか、考えてみたいと思います。自分の人生を振り返ってみますと、自分は常に眠気や疲労感に抗って生きてきました。小学校3年生の時に喘息が急激に悪化し、自分は喘息の苦しさで夜一睡も出来ません。喘息を発症すると上手く息が吸えませんから、その苦しさと恐怖で眠るどころでは無いのです。自分は眠気と疲労感に抗いながら一晩過ごします。ただし、この頃は「学校を休む」という選択肢が選べましたから、喘息が出た翌日は学校を休んでいたのです。結果週の半分くらいは学校を休む事になりました。この時代は学校を休める分まだマシな時代だったと思います。高校に入ると自分の喘息は再び激化し、日曜夜ごとに喘息を発症し、夜全く眠る事が出来ません。そして、この頃になると自分はクラスで孤立しており、気楽に学校を休めるような状況では無くなっていました。ただでさえ存在感が消えかかっている自分が学校を休むと完全に自分が透明人間になってしまいそうで、その恐怖から自分は学校を休めなくなっていたのです。そこで自分は眠気や疲労感に抗って、高校に通い、フラフラの状態で学校の授業を受けていました。そう、一睡もしていませんから眠気は酷かったですし、一晩中喘息に苦しんでいますから主に背中を中心に疲労感もエグい事になっていました。こんな状態が日々続きましたから、食欲は完全に無くなりましたし、酷いめまいも頻発していました。




その後自分は自分を変えようと大学で空手部に入るのですが、今度はそこのとある練習メニューが恐ろしすぎて眠る事が出来なくなります。ベッドに入り「明日あの練習メニューが行われるかもしれない」と考えるとその恐怖で全く眠れなくなってしまうのです。「明日の練習で殺されるかもしれない」くらいの恐怖心がありました。合宿の前日なんかは特にその恐怖心は強く、一睡も出来ずに酷い眠気と疲労感の中で合宿に向かった事もありました。そして、自分はそんな身体で空手部の練習に参加し、酷い眠気と疲労感に抗いながら、激しい練習に2〜3時間耐えるのです。練習は週に3回でしたから、自分はそのたびごとに眠れない夜を過ごしました。そしてこのような日々が3年間続いたのです。すると余りにも肉体的苦痛が酷過ぎるものですから、現実感覚に薄い膜をかかり、「半分他人事」みたいな感覚になっていました。そりゃ「離人感」を発症するってものです。また、先程も書きましたが、春と夏には5泊6日の合宿があり、それは朝から晩まで空手漬けの毎日なのですが、自分にとってそんな日々は悪夢以外の何物でもありませんでした。合宿の前夜も合宿の最中も自分は激しい恐怖に襲われ、まともに睡眠をとる事が出来ません。自分は酷い眠気と疲労感に抗い続けながら必死の思いで5泊6日を過ごしていました。ある年には合宿中に喘息まで出てしまいまして、その時には決死の覚悟で途中帰宅をお願いして帰ってきた事もありました。どうして自分がこんなにも苦しい空手部を辞めずに3年間も続けてしまったのか、という話ですが、気になる方はこちらの記事をお読み下さい。(空手部時代の話②)そして、空手部を3年間終えてみると、見事に自分の鬱は高校時代より3倍悪化していた、という訳です。そう、自分は自分に自信をつけたくて、そして他人と少しでもコミュニケーションが取りたくて、空手部に入部したのですが、見事に目論みは外れ、さらに自尊心は破壊され、さらに他人とコミュニケーションが取れなくなったのでした。この時代の鬱の諸症状は以下の通りです。




「大学空手部時代の鬱の諸症状」

・大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
・常に訳もなくず〜っと悲しい。
・慢性的な口内炎





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村